最近の冷夏はいつ?


温暖化が叫ばれていますが、地球自体はどんどん冷却しています。

元素は鉄に収斂していくらしいです。不思議を感じますね。

氷河期とは何を指すか

氷河期というのは、極に氷がある状態を言います。つい400年ちょっと前でもロンドンのテムズ川が凍ったり、最近は二酸化炭素のわずかな差で氷河期が回避された(過去のCO2濃度比較などにより判断)ようです。

地球の温度といっても、いったいどこを測っているのか、都市部であれば、人口が集中しエネルギーを消費すればヒートアイランド現象でしられるように熱は多少増えるでしょう。

スバルやベネチアはもともと沈みやすいところですし、日本の南鳥島は現在隆起している (プレート運動の影響) そうです。

最近冷夏があったのはいつでしょうか?

最近も温暖化だけでなく、冷夏もありました。

いつだか覚えてますか?

正解は

93年と2003年です。

93年の時は、タイ米が粘り気が少ないためかおいしくないとか、チャーハンのパラパラ感にあうとかありました。また、カリフォルニア米の輸入とかのキーワードを聞けば覚えている人もいるかもしれません。

東京の8月は「1993年大冷夏」以来の真夏日の少なさに?(杉江勇次) – 個人 – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20170815-00074546/
 

冷夏 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E5%A4%8

観測史上はそんなに大したことない

46億年のうち、半世紀。

気象庁の気温でさえ140年ぐらい前の(1875年)です。

アジアに提供している初代ひまわりが打ち上がったのが1977年、富士山の観測所ができたのは1832年です。

人類が生まれた 300万年前でさえ 地球史を1年にすると大晦日です。

わずかそれだけの1%満たない範囲の上ずれのみを取り上げるのは現状を正しく認識できないですし、むしろ温かく二酸化炭素がある方が、食べ物は豊富になります。

もちろん、変化は引っ越しのような面倒さはあります。

最後に

近年は扇動により、戦争や争いが起こりやすくなっています。民主主義が衆愚政治といわれる所以です。

だから

全体を見て、バランスよく情報を集め判断したいと思いますよね。

参考

1 views.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。